キャンピングカーはダイハツの軽とN-BOXで決まり?

最近のは居住空間がとっても広いので、

僕も含めキャンピングカー愛好家たちが意外と推奨中。

特に、軽だとダイハツN-BOXが完璧かと思われます。

ダイハツとN-BOXにいきなり絞ってもOK??

 

『キャンピングカーをダイハツの軽に??』

軽の進化が目覚ましい近年、キャンピングカーとして活躍させるケースも増えてきていますよね。

僕は完全にマイ・キャンピングカー派なのですが、友達で軽く車中泊の旅をしたい人には軽を勧めたりも。

それくらい、最近の軽自動車はキャンピングカーとして使えるくらい、室内がかなり広くなってきています。

そして、軽自動車と言えばダイハツのタントとかですよね。

 

タントは荷室の高さがちょうど良く、荷物を積むのにかなりユーザビリティが高いです。

なので、その観点からタントをキャンピングカーとしてオススメしたりしますね。

タントだと両側スライドドアもいけますし、軽自動車としてはかなり嬉しいですよね。

 

『N-BOXがキャンピングカーの軽としてNo.1??』

一方で、ダイハツの軽自動車も凄く良いのですが、軽自動車の販売台数的には、

ホンダのN-BOXなんかが今では超話題。

というよりも、破竹の勢いでN-BOXは売れまくっていますよね。

 

確かに、キャンピングカーとしても使えるような広さを持っているN-BOXですし、

僕もキャンピングカーとしてN-BOXはかなりオススメしています。

ダイハツのタントと同じく、荷物を載せるのも凄くラクチン。

室内に座ってみても、フロントシートもリアシートも快適な座り心地。

ということもあり、ホンダのN-BOXも車中泊用のクルマとして検討すべき1台だと言えます。

 

『ダイハツの軽とN-BOX』

さて、ダイハツの軽自動車かホンダのN-BOXか??

というところではありますが、僕の一押しはN-BOXです。

まぁ、現在の流行に押されて・・・という理由も1つあるのですが、

N-BOXの持つデザインセンスがこれまた光るんですよね。

 

キャンピングカーなんて使い勝手だ!!という意見もあるかもですが、

やはり、長期間そのクルマに乗って旅をし続けるワケですから、

デザインなどの見た目が凄く大事だと思っています。

 

僕はキャンピングカーでマイデザインな感じに仕上げていますが、

DIYで自作する時間がある人ってかなり少ないと思うんですよね。

なので、デフォルトで素晴らしいルックスを持つN-BOXが車中泊用軽として一押し。

 

女性好みの可愛らしい内装と外装のオプションもありますし、

楽しい車中泊の旅を演出できるはず。

とは言え、ダイハツの軽自動車もキャンピングカー的に使うのは全然アリ。

むしろ、N-BOXかダイハツか!!という感じで、この2つの軽自動車はドライブ旅行にピッタリ。

 

ぜひ、自分に合った軽自動車やキャンピングカーを探してみてください♪

 

P.S. エミューの雫についてのおすすめブログを見つけたので貼っときますね!!

エミューの雫オールインワンゲル

P.P.S 話題のドラマのオンデマンド配信についても紹介しておきますね!!

あと、秋ドラで超話題の火曜フジテレビといえば、

【見逃し配信の動画が無料??】『明日の約束』!!

明日の約束はネットの見逃し配信で動画!

キャンピングカーの自作断熱の楽しみ方!DIYでカッコイイ父を!

キャンピングカーでは漢を見せることができる点で、

カッコイイ父親を演出することができますよね。

キャンピングカーなどに限ったことではないですが、

DIYや自作というのは父としての威厳をアピールできるチャンス。

そして、キャンピングカーでは車中泊で重要になる断熱性。

夜の車内はとても冷えますから、自作断熱をガッツリと!

 

『キャンピングカーで超重要な断熱性能』

キャンピングカーでのドライブ旅行ともなると、非常に大切になってくるのが夜の断熱力。

どの地方へ行っても夜は何かと冷えるでしょうし、夏の旅行というのは避暑地として

北海道を選ぶケースが多いことでしょうね。

なので、結局は夜に冷える場所での車中泊の旅になってしまうケースが多いでしょう。

 

そして、車中泊で夜に寝るときというのは、毛布にくるまって眠りにつきますが、

基本的に体は毛布で寒さからは守れるはず。

しかしながら、毛布がはだけたり、顔や頭が冷えて寒かったりと、

車内の断熱力は非常に大事になってくるのは明白です。

 

『カッコイイ父!自作で断熱をサラッと!』

さて、断熱性のある車内に仕上げるために、お店で買ってきてしまうのも1つの手段です。

恐らく、それが最速で断熱設備をキャンピングカーやクルマに搭載できる方法でしょうね。

でも、僕的に立ち止まって考えて欲しいことが1つあって、それは自作で素敵なパパを見せること。

 

やはり、基本的に毎日仕事で家ではカッコイイところをなかなか見せれないというのが、

お父さんの悩みどころだと常々感じています。

なので、こういったキャンピングカーや車中泊でのDIYでの断熱材だったり、

その他の旅行に役立つアイテムの自作というのは漢を見せるのに打って付け。

ということもあって、車中泊を企画するのであれば、是非ともカッコイイ父を自作で見せつけましょう。

 

『自作も良いが、キャンピングカーの断熱は大切』

最後に、自作でクルマの断熱材を作るのもアリなのですが、

やはり、何かトラベルがあって寒い車中泊になってしまうのは最悪なパターン。

旅中に風邪をひいたり、体調を崩したりでは、元も子もないです。

 

上では自作でカッコイイ父を見せよう!!と書いてはいますが、

最悪の状況も考えて自身が無い場合は自作での断熱材製作は避けましょう。

となると、自作ができないダサいパパ像になってしまいますが、

せっかく楽しみたいキャンピングカーや車中泊旅行が台無しになるのはイヤですよね。

なので、ヤバイかも??と思ったら、自作ではなくショッピングセンターで購入しちゃいましょう!!

キャンピングカーのレンタルはアリ?安いし維持費も掛からない?

キャンピングカーレンタルをするのはアリなのか??

むしろ、近年の傾向を見ていると、レンタルの方が賢いかも??

安いし、クルマの維持費が掛からないのがイイ!!

 

『キャンピングカーのレンタルはおすすめか??』

都会での生活に嫌気がさしてしまい、キャンピングカーなどで車中泊の旅行を企画したい人が増えていますよね。

かくいう僕も、キャンピングカーでの旅行をスタートした理由のひとつが都会から離れたいという一心でしたしwww

やはり、大自然の中をキャンピングカーでドライブして、各地を点々とする旅行は最高ですよ^^

 

とは言え、車中泊ドライブでの旅行のメリットと言えば、経費が安く済むことですよね。

宿泊費が丸々浮いてくれるワケですから、是非とも安い出費で楽しく旅行をしたいもの。

そこで、キャンピングカーの登場ということなのですが、キャンピングカーをそのまま購入してしまうのもアリと言えばアリ。

しかしながら、多忙な現代人にとって、車中泊の旅なんてマネができるのは長期休暇の期間だけ。

 

そのため、新車にしろ、中古車にしろ、キャンピングカーを手に入れたとしても使えるチャンスがなかなか巡ってこないのが困りもの。

さらには、税金や車検など、キャンピングカーの年間の維持費も無視はできないのが痛いです。

そういった方のためにおすすめなのが、断然、レンタルでのキャンピングカーの旅。

旅行をするときだけ借りるので、当然ながら車検や自動車税なんかとは無縁。

 

元々が出費が控えめな車中泊の旅ということもあり、レンタル費用だけ考えればOKみたいなもの。

なので、僕が友人にちょくちょくオススメしているのが、レンタルでキャンピングカーの旅行を企画することなのです。

 

『維持費も少なく、安くキャンピングカーで旅ができる??』

さて、そんな感じで維持費も少なくて、安くキャンピングカーで旅ができるメリットは非常に大きいですよね。

そして、このメリットを存分に享受することで、美味しいものや観光に経費をたくさんつぎ込めるという^^

なので、体験の質が非常に重要になってくる旅行において、レンタル・キャンピングカーはかなり賢いです。

 

ホテルや民宿などで浮いた費用を高級料理に全フリしちゃえば、思い出に残る旅行をほぼ確実に実現できるのではないでしょうか??

ただし、僕の場合はレンタルではなくて、キャンピングカーを自分で所有しています。

何故かと言うと、やはり、愛着の湧くクルマで旅行をしたいという気持ちがあるんですよ。

そのため、レンタルでのキャンピングカー旅行を友達におすすめしつつも、僕の一押しは所有して愛着あるキャンピングカーに改造したり、セッティングしたりすること。

 

『まとめ-キャンピングカーのレンタル』

最後に、キャンピングカーのレンタルについてのまとめですが、

  • 安い費用で楽しく、贅沢なグルメ旅行を実現できるのがメリット。
  • 人によってはキャンピングカーを自分流で仕立てた方が愛着あるトラベルを実現できるかも!?

という感じですね。

 

一度きりしかない人生なのですから、思い切ってマイキャンピングカーとして購入しちゃうのもアリかも・・・

キャンピングカーは中古の4WDがおすすめ?軽やハイエースでもOK?

キャンピングカーで旅行をしているだけあって、

友達からクルマの選び方について頻繁に質問を受けます。

価格は高めですが、一番良いのは新品で最新のキャンピングカーを購入すること。

やはり、信頼性が高いですからね。

でも、中古でキャンピングカーを買わざるを得ない場合は、できるだけ4WDが良い?

ハイエースは大丈夫?

 

『キャンピングカーは中古で4WDにすべき??』

キャンピングカーで各地を点々と旅行している身なので、頻繁に友人と知人からクルマの選び方について質問を受ける僕。

やはり、クルマは高い買い物なので選ぶ際は、誰しもが非常に慎重になってしまうもの。

ということもあって、信頼できる筋から話を聞いてクルマ選びをするのがセオリー。

 

で、僕がたくさんキャンピングカーで旅行している話を友達などにすると、彼らも興味を持って、終いには彼らはキャンピングカーで旅をしたくなるケースが多いです。

なので、僕がキャンピングカーの買い方を伝授するというと仰々しいのですが、アドバイスをする形でいつも教えています。

そして、キャンピングカーともなると、普通のクルマの新車よりも価格は基本的に大きい。

だからこそ、間違ったキャンピングカー選びをして欲しくない気持ちでいっぱいな僕なのです。

 

ここで、キャンピングカーの選び方でアドバイスをしておきたいことが2点あって、

  • 中古で買うのはしょうがない(上でも書いたが、新品は金銭的にキツイだろうし)。
  • でも、駆動部は4WDであるかどうかには、強くこだわって欲しい。

という感じですね。

なぜ4WDなのかと言うと、キャンピングカーでの旅行となると自然がいっぱいなスポットを選ぶことが多くなってきます。

そうなってくると、雪道、泥道、砂利道などなど、舗装があまり良くないコンディションの道路を走らざるを得ない状況に出くわします。

 

厳しい道路環境では、4WDでないと空転やスリップなどで交通事故を起こしかねないです。

僕も何度か、『4WDのキャンピングカーで走っていて良かったぁ・・・』という経験が何度もありました。

さらに、キャンピングカーで4WDともなると、価格がかなり跳ね上がりますし、新車では庶民にはキツイ。

だからこそ、キャンピングカーでは中古で4WDを選ぶのがベターなのです。

 

『軽とハイエースをキャンピングカーの代わりに??』

一方で、キャンピングカーの中古であっても価格はバカにならない。

そんな家計の友達も中には居ますし、その場合に僕がアドバイスするのは、

最近の軽自動車やハイエースでもキャンピングカーの代替になるよ、ということ。

 

特に、僕が一番おすすめしているのがトヨタのハイエース。

まぁ、言わずと知れた有名なハイエースですから、車中泊にピッタリな印象があります。

シートを倒して寝れますし、荷室も非常に大きいハイエース。

なので、キャンピングカーの代わりとしてもおすすめの1台だと言えます。

 

また、ホンダの軽自動車も最近は非常におすすめでして、

一押しはN-BOXをキャンピングカーとして使うこと。

N-BOXを見たことがある人にはすぐにわかると思うですが、

あの軽自動車とは思えない超広い室内空間。

さらには、荷室がかなり広いし、かわいいデザインもウリなN-BOX。

2~3人の車中泊であれば、N-BOXをキャンピングカー代わりに使うのはアリだと思いますよ。

 

『まとめ-キャンピングカーの選び方』

最後に、キャンピングカーの選び方で、これだけは!!というポイントをまとめますと、

 

4WDであることは必須

 

ということですね。

4WDともなれば、それなりに車内空間が広くて荷室も十分なサイズ。

そして、4WDであれば、キャンプ走でも安心して悪路を走破していけるということ。

 

やはり、旅先での事故は最悪なパターンであることに変わりはないです。

とは言っても、4WDであることに過信してしまって事故を起こしやすくなることも多いです。

意外と、雪道での事故の比率では4WD車が多かったりもします。

 

なので、4WDのキャンピングカーを選ぶのは当然ではありますが、

過信することは避けなきゃいけないよ、ということに注意。

真珠肌 口コミ